腰痛 ツボを刺激して体の内側から痛みを改善する葛飾区、高砂、柴又の整骨院

腰痛 ツボを刺激して体の内側から痛みを改善する葛飾区、高砂、柴又の整骨院

2318a2d528f96c2f3abdeb2eb1cc904c_m
腰の痛みを改善させるためには、腰周辺へのアプローチだけで良いとは限りません。実は離れた部位にある腰痛 ツボを刺激してあげることでも効果的に改善させることが出来たりもするのです。葛飾区、高砂、柴又の整骨院でもこうした腰痛 ツボを刺激して改善を図る施術も用いられています。
また、自分自身で押せるような箇所もありますから、覚えておくことでつらい痛みが出てきたときにいつでも何処でもセルフケアが出来るというのも非常に便利な点とも言えるのではないでしょうか。

■東洋医学に基づく治療法

東洋医学の観点から言うと、人間の体には手と足に各6本、そして体の前と後ろに各1本ずつの合計14本の経路があると考えられています。この経路というのは目に見えるものではなく、ツボの通り道のようなものです。そして経路には健康維持のために欠かすことが出来ないエネルギー(気)が流れています。
それぞれの経路1本1本は内臓と非常に密な関係を持っていて、内臓の正常な働きをサポートするという役割を持っているのです。もしも不規則な生活習慣などから経路に流れるエネルギーが滞ってしまいますと腰の痛みの原因になるとも考えられています。
ですから、東洋医学に基づく治療をおこなっている葛飾区、高砂、柴又の整骨院では腰痛 ツボを刺激してあげるという施術を用いているのです。

■エネルギーの流れを調節

葛飾区、高砂、柴又の整骨院での腰痛 ツボに対する施術というのは、手技療法にて刺激をしてあげてエネルギーの流れを調節するというものです。さらにエネルギーの流れだけではなく、血液やリンパといった体液の循環も正常化します。
腰周辺や太ももの裏といった部位にある腰痛 ツボでしたら自分で押すのはなかなか難しいと思いますので葛飾区、高砂、柴又の整骨院に任せて、手や足の自分でも押さえやすい部位にある腰痛 ツボを覚えておくのも良いでしょう。

・人差し指と中指、薬指と小指のそれぞれの骨を腕側に辿っていき、交わる2点。
・膝の内側にあるくぼみ部分、さらに足の内側くるぶしから指1本分下にずらした部分。

こうした腰痛 ツボであれば自分でも刺激しやすいかと思います。強い痛みを感じるほどに強く押す必要はありませんから、ゆっくりと押してあげると良いでしょう。腰の痛みがひどいという場合には、刺激した際に痛みが強く出ることもあるのですが、症状が改善されるに従って刺激しても痛みが無くなっていくようです。